2008年03月04日

さっきのことで、

お昼に書いた自分のブログを読み返してみて、
なんだこのへたくそな文はexclamation&questionとびっくりしてますたらーっ(汗)
自分の文章力のなさには情けない‥‥もうやだ〜(悲しい顔)

そんでもってさっきはふれなかったけど、
今日、更新されたしほりちゃんのブログを読んで、思ったから書きます。
スタパで、ちりとてちん共演者の寄せ書きのとこが放送されてしまったことに対して。。。
実際、放送でしほりちゃんが必死で見せないでくださいexclamation×2って言ってる部分を見たとき、
わたしも正直ひやっとしました。
今まで笑顔やったしほりちゃんの表情が変わってしまったから。
はまると何回みても楽しいという自分の性格上、このしほりんのスタパは録画でこれから何回も見ようと思ってたんだけど、
どうしても寄せ書きの部分の放送は、見たくないって思います。
どうしてしほりちゃんは、そんなに嫌だと言ったのか、見ていたときは正直あんまりわかりませんでした。
でも、こういうことってあんまり考えないようにして、感動したことや楽しかったことだけをブログに書こうと思って、
お昼は触れずに書いたけど、
なんかずっといつまでたっても気になってて自分なりに考えたので、今回書くことにしました。

しほりちゃんはブログでは、貫地谷しほりちゃん自身にかいてもらった寄せ書きで、しかも共演者の許可をとらずに放送されてしまったことが申し訳ない、悲しいと書いていました。
しほりちゃんにとっては、喜代美にというわけではなく、共演者さんそれぞれが、本当のしほりちゃんに対して気持ちが書かれていたものだから、
それを撮影終わりましたぁ、って軽い態度で、テレビで見せたくなかったんだろうと思います。
私たち視聴者が見てるのは、ちりとてちんという作品であって、
それを実際に作り上げている俳優さんやスタッフさんたちは、裏で一生懸命に、作品をいいものにしようと努力してつくっているはずです。
だから撮影中、つらいことも、大変なことも、もちろん感動したこともいろいろあったと思うけど、それをしほりちゃん自身で乗り越えたり、共演者とわかりあったりして、作品が完成してゆくんだと思います。
なのに、しほりちゃん自身のプライベートなことを簡単に放送され、
作品を通してのしほりちゃん自身の思い出や共演者の方がしほりちゃんのためにしてくれたことを、
他の人にみられてしまったことは自分としても悲しいし、共演者の方にも申し訳ないということなのかなってずっと考えてました。
誰だって、自分のプライベートなことや大切な思い出を勝手に公開されたり、傷つけられたら嫌だなぁって感じるからね。
私もそうなったら嫌です。
今回の放送で、いろいろ考えて、私も気をつけようって思いました。
他の人が嫌やって思うことを、簡単にしていたかもしれないから。
常に相手の気持ちを考えなくちゃだめですねexclamation×2
もし、傷つけてしまったら、きちんと謝らないといけないなぁって、当たり前のことだけどあらためて思いました。

それともうひとつ。映画やドラマやそういった素敵な作品の裏に俳優さんたちの努力や出会いや、思い出があるなら、
わたしもそれに関われるような、俳優さんたちと思い出を共有できるような人間になりたいと思いました!
昔からずっと、ドラマとかに関われる仕事がしたいなぁって誰にも言えずに思ってきたけど、
今回またそう思いましたexclamation×2
とっても無謀なことだけど、ちょっとずつ努力していきたいなぁって思う。自分なりに。
まぁこれは憧れだから、本気で目指してる人に申し訳ないので、ここでやめときますふらふら

またもや変な文章だけど、書く意味もない文章だけど、
今、書きたかったから書きました。それだけ。
posted by 沙羅 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88162643

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。